買物

海外旅行保険も自動付与するカード

海外旅行に行くとすれば、保険には必ず加入しておきたいものです。
クレジットカードに海外旅行保険が自動的に付帯されているカードを選べばあえて、
海外旅行に行くときだけ、保険に加入して、保険料を支払わなくていいので、
お勧めだと言われたことはあるでしょうか。

でもちょっと待ってください。
この場合でも、安心はできません。
海外旅行保険が自動付与されているからといって、決して安心は出来ないのです。
そこで、クレジットカードに自動的に付保されている海外旅行保険について、
注意すべきことを説明しましょう。

しっかりと理解しておかないと大変な事態になりますので、本当に注意が必要です。
海外旅行保険がついているとうたっているクレジットカードの保険の記載の仕方は、
海外旅行での補償が最大2000万円などとうたっていたりします。

これは注意が必要です。
この2000万円は、海外旅行に行き、その渡航先などで死亡した場合にだけしか
支払われないというケースがあるのです。

もちろん死亡したときの補償も必要ですが、一番必要で考えられるリスクは
渡航先で体調を崩したとき、病気になったときではないでしょうか。

実は、海外の渡航先などで、医療機関を利用した時は想像以上に高額であることが、多いのです。
1週間入院しただけで200万とか500万円とか請求されるということも、決して珍しくありません。

上記のようなカードですと、病気などの場合は、補償がありませんので、
全て、自腹で支払わないといけないということになります。

海外旅行保険に加入しているから安心だと思っていたら、
実は病気や入院は全くカバーされていなかったなんてことになるのは、本当に大変なことです。

有効期間も気をつけなければなりません。
海外に渡航して、海外での滞在が90日を超えた場合なども要注意です。

その日数を超える事故などがあったとしても、全く補償されないということもあり得るのです。
海外旅行保険が自動についているからといって、安心するのは大変危険です。
またクレジットカードの紛失による悪用のも十分気を付けてください。

こちらのおすすめのクレジットカードも是非ご覧になってください。

Menu